海外移住の人気国!タイ王国って本当におすすめなの?

海外移住先にアジア地域を候補地に選ぶ方も多いと思います。

そんな中アジア圏の海外移住先で少なからず候補地に上がる人気の国があります。
それが、微笑みの国「タイ王国」です。

タイは、人口約8,000万でキング(立憲君主制)が存在し、仏教国になります。
東京から約7時間のフライトで行くことができます。

人によっては、距離的にはやや遠い印象でしょうか?

1年を通じて温暖な気候です。
ゴルフやサッカー選手などの練習の候補地にもされているようです。

ところで、そんなこんなの「タイランド」ですが、
海外移住先(アジア圏)として本当におすすめなのでしょうか?

おすすめだと思える点やそうとも言えない点をいつくかピックアップします。
海外移住先の候補地にタイをお考えの方やロングステイ先をお探しの方に参考になれば幸いです。

海外移住先で人気のタイ王国って何がおすすめですか?

お父さんがタイに移住したいって言っているんだけど・・・

タイって、どなんな所がおすすめなの?

さっぱり分からないわ。

マンゴーや暑い気候は好きだけど、お肌の天敵「紫外線」が怖いわ。

そうなんですか!

お父さんがタイに移住したいとおっしゃっているんですね。

タイの魅力(おすすめ)は、何といっても外国人にとって、
あまり疎外感を感じない空気があるとういう部分だと思います。

また、一年を通じて基本的に暑いです。
寒いのが苦手な方は、タイの暑い気候に魅力を感じるかも知れません。

そうなんですか?

タイ人って、外国の人に慣れているってこと!?

フレンドリーなの?

はい、もちろん個人的な意見で、大雑把な感想になります。

しかし、タイは何となく外国人の方が滞在していても、
それ程違和感がないような印象を感じます。

もちろん生活する期間が長くなれば、細かな部分は必ず良くも悪くも見えてくる可能性はあると思います。

じゃ、タイはお父さんみたいな寂しがりの人にはおすすめですね!
はい、そういうことになります。

ところで、お父さんは寂しがり屋なのでしょうか?

分かんない。

お母さんと別れて10年くらいになると思う。

そうんですね。

じゃ、お父さんと一緒にタイに移住してあげてください。

そうね~

それは、難しい相談だわ・・・

海外移住のおすすめ国?タイ王国の物価は安いのでしょうか?

Hiroさん こんにちわ。

タイ移住を考えている引き籠りの友人がいるの。

年齢は40代だと思うわ。

そうなんですか?

初耳です。

その人は、たぶん40代だと思います。

あまり自分のことは話してくれないの・・・

けど、最近ブログを始めたって言っていたわね。

そうなんですね・・・
Hiroさんも、最近ブログ始めたわよね・・・

ところで、タイって物価は安いの?

実は私タイに1年仕事で行くかも知れないの!

そうなんですか!

タイの物価は、安いです。

でも、商品などによります。

例えば、ローカルのバスやタクシー料金などは、
日本円(日本)と比較すれば割安感はあると思います。

タクシーの初乗り料金は、約35バーツです。
日本円で約120円からの料金スタートです。

バスは、7バーツ(20円)ほどです。
エアコンが付いているバスなどは多少料金が上がります。

タイで長期滞在する場合は、食費や家賃が気になるところです。

食費は、タイ料理つまりタイ人の方が通常食べる品物なら、
1食50バーツくらいです。

日本食材を扱うスーパーなどで日本の物を購入すると、
大雑把に値段は日本で購入するより倍近くになる印象です。

また、日本食レストランでセットメニューを注文すると
200~300バーツ程の予算が必要になります。

バーツは、大まかに3を掛けると日本円になります。(2017/7)

家賃の方は、バンコク市内のアパートなら7000バーツほどであります。

ただ、家賃に関しては、幅がかなり広いとも言えます。

従って、やや古めかしいアパートのイメージで1万バーツほどと考えると良いと思います。

そうなんですね。

バスやタクシーは安いですね。

アパートは、約2~3万円であるみたいですね。

最近は、日本でも地方のワンルームなら結構安い物件がみられますね。

そうですね。

タイで海外移住(長期滞在)する場合の物価面では、
ものすごく安いという印象はないのかも知れません。

海外移住の予算に大きく影響すると思います。

毎月年金などの予算が12万円と想定した場合には、
預貯金がしっかりないと、いずれにしても金銭面では心配です。

プチロングステイや語学留学などの場合には、
バンコク市内でも、12万の予算があれば大丈夫です。

この辺の金額もかなり、個人差による部分大きいと思います。

海外移住(ロングステイ)には、ビザが必要です。

ビザの発給要件(タイ)は変更される場合が多いです。

毎月の年金額等が例えば20万円に満たない場合にはビザの発給要件がない場合もあります。

タイは、ビザ関係が厳しくなりつつあるようです。ただ、比較的タイの長期滞在は、しやすい環境でもあるようです。

観光目的の滞在は「ノービザ(観光ビザの取得なし)」で29日間可能です。(2017/7)

海外移住の人気国!タイのおすすめできない点はありますか?

タイで長期滞在するうえで、おすすめできない部分はありますか?

個人的な感想では、あまりないような気がします。

ただ、シンプルな点でタイは暑い気候です。
暑さが体に与えるダメージを懸念される方は、注意が必要です。

また、言葉自体はタイ語がやはり話せた方が生活の上でも便利です。

基本的にお金の裏付けに心配がない方は、生活面での不便さは解消できると思います。

従って、個人的にはおすすめできない点はあまり見当たりません。

このような方は、タイをおすすめできません。

  • 暑い気候が苦手な方
  • 細かな対応などを求める方
  • タイ語が話せたら良いな~と思えない方
  • タイに滞在して何となくでも快適だと思えない方

このような方等は、タイはおすすめできないと思います。
タイへ一度実際に訪れてみたり、プチロングステイを経験してみると良いと思います。

海外移住先で人気のタイ王国は結局おすすめなの?

タイは、海外移住先やロングステイにおすすめですか?

個人的な見解は、「おすすめです」。

理由は、外国の方にとって、あまり疎外感を感じなく滞在できるからです。
また、日本食や病院、娯楽施設、フィトネスジムなども充実していると思います。

このような部分は、かなり個人差があります。
タイもロングステイビザの制度があります。

ロングステイヤーにとって快適な施設などもバンコクや大きな町では、
完備されています。

バンコク市内なら、病院施設も充実しています。

病気の治療だけでなく美容整形などの施設もあります。
病気の治療やリハビリなどメディカル的な滞在をされる方もバンコクには多いようです。

タイはアジア圏にあり、あまりビルなども乱立されていないイメージかも知れません。

しかしバンコク市内には、BTSやMRTなども開通しており延長工事も進められています。
生活面での利便性などは年々向上しています。

雨の日などの渋滞や路肩などの冠水などは、不便差を感じる部分かも知れません。

日本とは異なった生活環境と文化面などの違いなどを楽しむことができるのも、
海外移住(ロングステイ)だと思います。

タイ王国は、現在のところ街に勢いがみられる感じです。
物価も上昇しています。

比較的治安も良好なタイ王国を移住先の1つの候補地に入れてみるもの良いかも知れません。
タイ王国での新たな出会いや発見なども、きっと体験できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です