日焼け止めスプレーって髪の毛に使えるって本当なの!?

紫外線から髪の毛を守りたいって思いませんか?

日焼け止めスプレーを活用することで、「紫外線をカット」することができます。

紫外線は、皮膚トラブルの原因の1つです。
「シミ」や「しわ」などの肌トラブルを引き起こしやすいです。

紫外線を浴びる範囲は、頭、つまり「髪の毛」や「頭皮」も例外ではありません。
ダイレクトに紫外線を浴びてしまうのが、頭頂部でもあり「髪の毛」なのです。

ところで、「髪の毛」や顔に使用できる日焼け止めスプレーをピックアップしました。

髪の毛用に「日焼け止めスプレー」をお考えの方や、「抜け毛、薄毛の原因」を少しでも排除したいとお考えの方は、この機会に紫外線対策を試されてみてはいかがでしょうか。

日焼け止めスプレーで、危険な紫外線から髪の毛を守ろう!

ビベッケの日焼け止めスプレー

髪の毛、顔、ボデイ(からだ)に使用可能です。
SPF50+ PA++++なので、長時間対策が可能です。
海水浴などの日差しが強い場所にも最適です。

皮膚がテカリらないように開発されています。
逆向きでの使用も可能です。
専用のクレンジグは特に必要なし。

ビベッケの日焼け止めスプレーは、比較的お値段も手ごろです。
女性の使用者が多いですが、「男性の髪の毛」にも活用できます。

ビベッケの口コミをまとめました。

髪用に使用しています。
頭皮の日焼けも防いでくれて、効果も実感しています。

白浮きしないし、ベト付もないので、しっかりスプレーしています。
コスパは良いとおもいます。

メイクのうえから使用しています。
ベトつきや白くなることも今のところありません。

コスパも良いですね。
外出する時に、スプレーしています。

「ビベッケの全身まるごとサラサラUVスプレー」の口コミでの評価をみてみると、
皆さん良い評価(クチコミ)をされている印象を持ちました。

しかし、使用感や実感には、個人差があります。
気になったアイテムを数種類くらい試してみるのも良いかも知れません。

全体的な印象では、「コスパがよかった」、との口コミが散見されました。
試しに使ってみようとお考えの方は、一度試してみる価値はあるかも知れません。

資生堂の「アネッサパーフェクトUVスプレー」

資生堂の日焼け止めスプレーです。
化粧品関係では、とても知られているメーカーですね。

特徴としては、「スーパーウォータープルーフ」タイプで、汗や水に強い傾向が期待できます。
髪や顔にも使用することができます。

顔に使用する時には、一度手のひらに噴射して、その成分をやさしく顔に塗布するようにしてください。

また、髪の毛やお肌に使用する際には、約10~15cm程度離して噴射するようにお願いします。
商品概要の説明欄に記載が見られました。

使用する前には、念のためもう一度使用方法などをご確認のうえ、適切な使用方法で、
活用するようにお願い致します。

SPF50+ PA++++って何の記号なの?どんな意味があるの?

SPF30+ PA++やSPF50+ PA++++などの記号って、どんな意味があるのか気になりませんか?

実は、私もこの記号の意味に付いて、気になっていたのですが、いまいちよく分かりませんでした。
そこで、もう一度SPF50などの記号の意味を確認してみました。

まず、謎の「SPF」の記号の意味ですが、これの意味は、とてもシンプルです。

「スペシャル・プリティ・フレンド」です。

でも、これは私が勝手にイメージした、とてもシンプルな面白くない冗談です。

さて、「SPF」の本当の意味ですが、「Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクタ)」の頭文字を略したものです。

つまり、「紫外線防御指数」と呼ばれているものです。

紫外線の種類でもシミやしわの原因に繋がりやすい、紫外線B波を防御できる時間を示したものだと思われます。

次に「SPF」の横に記載されている数字(50)ですが、この数字は、紫外線を浴びてから、皮膚が赤くなるまでの時間を表しているようです。

この部分は、私ではいまいちよくわからない部分でしたが、紫外線を浴びてから、皮膚が影響を受ける(赤みが出る)までの時間を、どのくらい防御できるのか、という数値になります。

例えば、SPF20と記載があるUVクリームなら約7時間弱の紫外線からお肌を守る機能が見込めます。また、SPF50と記載があるアイテムなら、約16時間に渡って紫外線から肌を守ります。

ただ、これらの時間的なものは、使用状況などによっても効果は、変わってきます。

使用状況とは、汗を凄く掻いてしまった時や、洗顔をしてしまった時には、当然ですが、紫外線防御率は弱くなります。

そこで、大切になるのが、「塗り直し」です。

特に紫外線から肌を守りたい部位には、重ね塗りをすることで、より効果を期待させてることが可能です。

いずれにしても、SPF30(約10時間)以上の数値を選んでおけば、
そこそこ日常の紫外線対策はできるのではないかと思います。

UVクリームやスプレーなどもお肌に合う合わないがあります。
人によっては、SPFが小さいもの等を選ぶことによって、小まめに使用することで、
お肌の状況をみながら使っている方もいるようです。

SPF20+ PA++やSPF50+ PA++++の「PA」ってなに?

SPFの次に疑問なのが、「PA」ではないでしょうか?

こちらも、UVケア用品を選ぶうえで、知っておくと便利だとおもいます。

「SPF」は Protection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の頭文字を当てたものです。紫外線A波を防御する能力を示すものです。

SPFの横にみられる+ですが、これは防御効果のレベルを表したものです。

レベルは、4段あるようです。

記号は、+、++、+++、++++になります。

私は、SPF30のPA++や、SPA50の++++を使用することがありました。

あまり神経質になることはないと思いますが、すでにシミがある方や皮膚になんらかの心配な状況がある場合には、皮膚科で一度どのようなUVカットが適切であるか先生に尋ねてみられると良いと思います。

私は、紫外線が強い場所には、「SPA50の++++」このスペックで使用しています。

しかし、PAの+が高くなると、お肌に及ぼす影響も、人によってはないとも言えません。
従って、そのような部分で気になる方は、皮膚科などでアドバイスをもらうと安心です。

すでに皮膚科などに通院されてい方は、この機会にUVケアに付いて、専門医に1度聞いておくと、
ドラグストアなどの市販で購入する際に役立つかも知れませんね。

診察処方なら、費用も安くなるかも知れませんね。

まとめ

日焼け止めスプレーは髪の毛に使用できるものがあります!

帽子を被るとヘアスタイルが崩れてしまう・・・
頭皮の日焼けや、薄毛が気になってしまう・・・

そのような時は、「スプレータイプ」なら紫外線対策ができますね。
紫外線対策の重要性は、年を重ねると実感できると思います。

男性は、UVケア用品を使用することに、躊躇される方も多いのではないでしょうか!?

紫外線対策は、皮膚がんの予防にも繋がりますし、シミ、そばかすの原因にもなりやすので、女性男性を問わず、心掛けたい「スキンケア」の1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です