メンズ日傘が男性の間で人気上昇中?スポーツ観戦にも最適!

日傘といえば、女性が活用する物、というイメージが今でも強いですが、
最近では、男性も紫外線対策や美容対策で活用される方が増えています。

今回は、楽天市場で購入できるメンズ日傘をいくつかピックアップしました。
もちろん女性も活用できますので、熱中症対策などにも活用してください!

メンズ日傘!楽天市場で見つけた人気メンズ日傘とは?

男の日傘

カラーバリエーションは3色です。
ブラック、グレー、カーキーです。

男性は、より落ち着いたスタンダード的なカラーが人気です。

外回りが多いビジネスマンの方にも最適です。
もちろんプライベートでの使用も活用できますね。

個人差はありますが、男性用に作られていますので、
背中までしっかりカバーしてくれます。

折りたたみ式です。

男の日傘の口コミをまとめました。口コミの「評価、使用感」には個人差があります。

40代男性

折りたたみは普段あまり使いません。
広げると結構大きい印象です。

重さは意外に軽量だと思いました。
コンパクト感が気に入っています。

40代男性

サイズが大きくて軽いですね。

とても軽いので、重宝しています。

何度か購入しています。

口コミでの評価をみてみると、大きさの割には軽量で重宝している、
バックに入れて持ち運んでいる、などの良い印象の口コミがみられました。

大きいサイズなので突然の突風などで傘が壊れる危険性もあるとのこと、
また、人込みなどでは大き目なのですれ違う時などに注意が必要かも?
などの口コミでの評価もみられました。

折りたたみ式でも大きさを求めている方には、試してみる価値はあるかも知れません。

楽天市場で見つけた折りたたみ式のメンズ日傘(晴雨兼用)

開いた時の傘の直径が約106cmです。
収納時の全長が約25,5cmです。
重量は約230gです。

バックなどに入れて持ち運ぶには、こちらのタイプの方がコンパクトになります。
色の種類は、ブラック(黒)のみになるようです。

ブラックは、何かと無難なカラーなので、個人的には好きな色です。

メンズ日傘もカラーなど若干の違いもあると思いますので、
いくつかの種類を比較されてみると良いと思います。

UVカット率も各メーカで高確率の数字が記載されています。
お好みのカラーや値段などで、選んで見られるのも良いかも知れません。

スポーツ観戦に最適なスポーツ日傘ってあるの?

サッカーや野球など、スポーツ観戦を炎天下で見学する時もあると思います。
そんな時は、スポーツ日傘を1つ用意しておくと紫外線や熱中症対策に有効です。

見学するお客さん(応援側)だけでなく、選手にも重宝する場面は多いと思います。

一般の傘との違いは、「UVカット率」が異なります。

スポーツ日傘のUVカット率、遮光率は100%になるようです。

直径が、「140cmの設計」なので、アスファルトからの照り返しなどにも
有効になってきます。

紫外線の照り返しにも注意が必要です。
大きめの直径で地面からの紫外線も防御!

紫外線を避けるメリットって何かあるの?

日傘などで紫外線を避ける意味(メリット)って、本当にあるのでしょうか?

紫外線を浴びると、日焼けしたり、年月を重ねると、「しみやシワの原因」に繋がりやすいです。

また、健康上のデメリットなども紫外線が指摘されています。

熱中症もしかりですが、皮膚がん、目の病気(白内障)などの健康上のデメリットにも繋がる懸念は否定できません。

とくに「目の健康」については、見落とされやすいです。
目は、肋骨などの器官で保護された器官ではありません。

むき出しの器官でもあるので、紫外線対策という視点では、目の紫外線対策も見逃せないものになります。

いろいろ注意を払うと切がありませんが、もし暑い気候の国へ長期滞在や出張などがある場合は、
目に付いてもサングラスなどで、紫外線対策をすることをおすすめします。

サングラスの形状は、できれば四方がカバーできるゴーグルのようなタイプが良いそうです。
理由は、紫外線が普通のタイプだと上や横から紫外線が入ってきてしまうためです。

上部からの紫外線は、「つば付き帽子」や「日傘」を併用することで、防ぐことが期待できます。

このように、紫外線対策をすることは、肌トラブルや皮膚を守ると共に、
美容対策にも必須ともいえるものではないでしょうか。

もし紫外線対策をお考えの方は、男性だからと躊躇(ちゅうちょ)するのではなく、
美容や健康の為にも紫外線対策を準備されるほうが、むしろ賢明だと思います。

白内障の原因に紫外線も影響しているって本当なの?

目の病気で知られている「白内障」、この白内障は年齢を重ねると
誰でも必ず(?)なる病気のようです。

白内障と聞くと、若い世代の「20代や30代」の方には無縁のことだと思われると思います。

私自身も、20代や30代の頃は、まったく考えたこともありませんでした。

しかし、最近ある1冊の本と出会いました。

その書籍は、「視力を失わない生き方」という本です。
深作秀春ドクター(眼科外科医)が書かれた本です。

この書籍との出会いは目から鱗(ウロコ)でした!

紫外線と目の関係で少し触れさせて頂きました「サングラスの重要性」などは、
まさにこの書籍を拝読させていただことによるものです。

もし、コンタクトレンズを装用している方や加齢黄斑変性、紫外線による目の影響などに
興味がありましたら、一度読んでみてはいかがでしょうか。

目に付いて興味がない方にも、きっと参考になる要素が見つけられると思います。
網膜剥離など目に興味がある友達などに教えてあげると、「1つの参考」になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です