レンズ ゴムのべたつき?べとべとを取にはどうすれば良いの?

カメラのゴムのべとつきが気になりませんか?

べとつきは「無水アルコール」で取れるかも知れませんよ♪

無水アルコールは画像のようなアイテムです。
機械のクリーニングや自作の化粧水などを作る際にも使われます。

ところでゴムのべとつきですが、無水アルコールでべとつきに威力を発揮できる部分はピントリングなどの「プラスティック」部分です。

ある程度ゴムのべとつきも取れるかも知れませんが、レンズの手入れをしていた時はプラスティック部分に効果を実感していた印象です。

プラスティック部分(ピントリング)のべと付きは、
中古レンズなどを購入すると見かけることも多いと思います。

そんな時、無水アルコールで拭きとってあげると、キレイにべとつきを除去することができます。

無水アルコールはドラッグストアや楽天通販などのネットショッピングでも購入できます。

中古レンズなどのカメラ転売などをご予定されている方は、1つ準備しておくと便利ですよ。

値段は1500円くらいしますのでレンズ1個だけの清掃ですと割高になってしまう印象ですね。

カメラボディなどの清掃にも活用できるので、無水アルコールを持っていると便利だと思います。

ちなみに無水アルコールを探しに100円ショップへ行ってみました。

代用品も含めて探したのですが、私の訪れた100円ショップでのお取り扱いはないようでした。

そのためドラッグストア(薬局)で画像の無水アルコールを購入しました。

置き場が分からない場合には、無水アルコールはどこですか?
とスタッフに聞けば珍しいものでもないようですので、分かるかとおもいます。

レンズのゴムのべとつきは無水アルコールを活用!使用方法は?

レンズのゴムのベタベタは無水アルコールで意外に軽減できます。

使用方法はとっても簡単です。

私の場合はキッチンペーパーに無水アルコールを適量付けて、
レンズのべとつく部分を拭ききれいに「べとつきを除去」しました。

ピントリングなどのプラスティック部分は思ったよりきれいに除去できました。

ズームリングのゴムのべとつきなども取れた気もしますが、
どちらかというとプラスティックなどの清掃に効果を実感した記憶があります。

ちなみにズームリングのゴムは経年変化などの影響で、ゴムが白っぽくなることがあります。

このゴムの白化はアーマーオールという便利グッツで黒々とさせるかとができます。

いずれにしても、あまりにもゴムのべとつきが酷いようなら、
新品と交換するか中古パーツを用意して自分で交換するなどの対応が良いのかも知れません。

ゴムのべとつきを清掃する時の注意点とは?

ゴムのべとつきを清掃する時の注意点です。

キッチンペーパーなどに無水アルコールを付けて清掃する際ですが、チリやホコリが付着しそうなキッチンペーパーや布などは使用しないほうが良いです。

清掃するとホコリなどの汚れが中途半端にレンズに残ってしまう危険性もあります。

ただ、ほこりが付着したとしても丁寧に拭き取ればきれいにはなると思います。

ピントリングなどの溝がみられる形状のものには、
綿棒などを活用してべとつきを取ると便利です。

作業時間ですが地味に掛かってしまいます。

ただ、べとつきを除去することで撮影のストレスを軽減できますし、
ゴミの混入などによるレンズの不調や故障などからレンズを保護します。

また転売や売却の際にはこれらのメンテナンスをするだけで販売しやすくなりますし、購入者様もきれいな状態のレンズのほうが良いハズです。

綿棒などもドラッグストアにも売られていますので、
無水アルコールを購入するついでに買っておいても便利良いですね。

綿棒類やちょっとしたグッツなら100円ショップの活用も良いと思います。

まとめ

レンズのゴムのべとつきを取るには?
レンズのゴムのべとつきを取る方法として「無水アルコール」の活用も1つだと思います。

個人的にはピントリングなどのプラスティック部分のべとつきに活用していますが、ズームリングなどのゴムの部分のべとつきもそれなりに除去できた記憶もあります。

ゴムのべとつきが酷いときには思い切って新品に交換するか、中古パーツが用意できるようなら自分で交換するのも良いかも知れません。

ベタベタのままだと撮影する気にもなりませんし、中古品として売却する際にもレンズのべとつきが残ったままだと販売価格も安くなりがちです。

べとつきの掃除は地味な作業で意外に時間も掛かる印象を持っているので、そのへんのバランスは個人差があるとおもいます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です